病院概要

当院は昭和61年3月の開設以来、脳神経外科の専門病院として、地域医療への貢献に努力しています。

ごあいさつ

理事長挨拶


理事長 郭 水泳

 当院は昭和61年3月の開設以来、脳神経外科の専門病院として、地域医療への貢献に努力しています。年間の救急受入患者数は2000人、また年間手術数は300件を数え、急性期を中心とした医療について研鑽を重ねております。
 近年、脳疾患の治療と予防には、技術面で飛躍的な進歩が見られます。当院におきましても、CTやMRI、DSAなど、最新の設備を駆使し、高気圧酸素療法やマイクロサージャリーによる高度な治療を遅滞なく実践し、提供しております。
 また、医療に関する諸問題は、社会的に広く議論されています。当院の職員一同は、常に問題意識を失わず、「Think About」(つまり「〜について考える」)の姿勢を持って、当院の医療の質の向上にたゆまず取り組んでおります。
 私たちが生み出す安全で確実な医療により、ひとりひとりの人生の福祉に力添えをできること、そのような成果を願いつつ、日々、努力しております。

院長挨拶


院長 岩本 哲明

 私は、平成25年5月より、郭水泳理事長・前院長より、院長職を賜りました。
 当院は、昭和61年3月に郭理事長が開設されて以来、脳神経外科専門病院として、地域の救急医療をを担っており、一人でも多くの患者さんを治すことを使命として、365日24時間、脳神経外科医が駐在し、診療を行ってきました。
 診療に関しては、(1)我々の治療は、患者さんが治癒に向かう手助けをしているだけで、治していると傲らないこと、(2)患者さんやご家族と同じ目線に立って、病気を説明し理解してもらうこと、(3)治らない病気でも患者さんやご家族に寄り添うこと、をモットーとしています。
 時代とともに最新の医療は変化していきますが、今後も最善の治療を提供出来るよう、全職員と共に切磋琢磨する所存です。

Copyright © HIGASHIYOKOHAMA. All Rights Reserved.