診療案内

脳神経外科東横浜病院では脳神経外科の専門病院として、
年間の救急受入患者数は2000人、年間手術数は300件を超えています。

頭痛外来

日本には、約3000万人(4人に1人)の方が頭痛に悩んでいます。そのうち痛みを我慢をする人、薬局で薬を買って飲む人が約90%と言われています。
頭痛の原因は様々ですが、重要なことは、その頭痛が命にかかわるかどうかを見極めることです。
頭痛外来では、頭痛に関して、発生時期、痛みの持続期間、頻度、痛み方など、問診を行い、MRI検査やCT 検査を実施し、診断します。
大部分の頭痛には有効な治療法が存在しますので、適切な治療・生活改善のアドバイスなどを行います。

頭痛について

頭痛は、一生のうち一度も経験しない人はいないほど、最もありふれた症状の一つです。
たとえば、風邪を引いたとき、冷たいものを食べたとき、お酒を飲んで二日酔いになったときなどでも、頭痛は起こります。しかし、中には重篤な病気が原因のことがあり、油断は禁物です。

頭痛の種類

頭痛は、血管の拡張や筋肉の緊張、炎症や出血など何らかの刺激を受けることによって起こります。
頭痛以外に特に目立った症状のない一次性頭痛(=慢性頭痛)と何か病気があってその症状の1つとして頭痛がみられる二次性頭痛の2つに大きく分類されます。

一次性頭痛(=慢性頭痛)

原因がはっきりせず繰り返す、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」です。頭痛で外来を受診する人のほとんどの方がこちらで、それだけで命にかかわることはありません。しかし日常生活に支障をきたす場合は治療が必要です。代表的なものに、以下の3つがあげられます。
  • 緊張性頭痛

    頭痛で受診する人のほとんどがこのタイプです。

    特徴
    ・毎日のように痛みが起き、持続時間は30分から1週間
    ・頭を何かで締め付けられるような痛み
    ・首や肩の「はり」「こり」を感じることが多く、目の疲れ・身体のだるさ・めまいなどを伴う
    誘因
    原因は身体的ストレスと精神的ストレスがあげられます。
    ・身体的ストレス …
    悪い姿勢・長時間のデスクワーク・睡眠不足などによる筋肉の緊張・血液循環の悪化
    ・精神的ストレス …
    対人関係や仕事・家庭で悩みや不安を抱えることで自律神経がうまく働かなくなる
  • 片頭痛

    思春期から40代に多くみられます。

    特徴
    ・頭痛の頻度は月に数回程度、多いときは週に1.2回
    ・頭の片側あるいは両側がズキンズキンと脈を打つような痛み ・吐き気や嘔吐を伴う
    ・痛みの前兆で、目の前がチカチカし視野が見えにくくなったり、手足のしびれやしゃべりにくくなることがある
    誘因
    ・激しい運動や緊張から開放されてホッとした時
    ・女性は生理前や生理中の女性ホルモンのバランスの変化
    ・家族に片頭痛持ちがいる
    ・アルコールやチョコレート、チーズなどを食べたとき
  • 群発頭痛

    緊張性頭痛や片頭痛に比べると、最も痛い頭痛です。

    特徴
    ・20~30代の男性に多い
    ・1年から数年に一度、1ヶ月から数ヶ月、毎日のように決まった時間に痛みが起きる
    ・頭部の片側、眼の奥、こめかみあたりが「目をえぐられる」ような激しい痛み
    ・目の充血、涙、鼻水、鼻づまりを伴う
    誘因
    まだ明らかになっていない点が多いですが、頭部の血管の拡張が関係しているのではないかと言われています。
    そのため、血管を拡張させるアルコールの摂取は厳禁です。また、心臓の病気等で血管を拡張させる作用のある薬を服用している人は、主治医の先生に相談が必要です。

二次性頭痛

二次性頭痛とは、病気の症状として起こる頭痛です。迅速に原因の疾患を診断し、治療を開始しなければなりません。
二次性頭痛を伴う疾患と痛みの特徴には、以下の代表的なものがあります。(詳しくは、対象となる病気を参照して下さい。)
  • クモ膜下出血

    これまで経験したことのないバットで殴られたような激しい痛みで、吐き気・嘔吐、意識消失を伴うことがあります。

  • 脳出血

    頭痛以外に、めまいや嘔吐、手足のしびれや力が入らない、言語障害などを伴うことがあります。

  • 脳腫瘍

    朝方の頭痛が有名で、起床後はおさまることが特徴です。嘔吐、進行性の片麻痺、けいれん発作も現れます。

  • 慢性硬膜下血腫

    頭部外傷後、脳の表面に徐々に血腫ができ、脳を圧迫します。若い方ほど、頭痛を訴えることが多く、高齢の方は、認知症の進行や歩きにくくなったりすることで分かることが多くあります。

一次性頭痛(=慢性頭痛)がある方は、二次性頭痛が発生しても「いつもの頭痛だろう」と放置してしまいがちです。
しかし、このような頭痛は生命の危機に直面する疾患の症状として出現している可能性が高いため、安易に自己判断せず、早めに当院へご相談下さい。

Copyright © HIGASHIYOKOHAMA. All Rights Reserved.