ドクターズファイル

ドクターズファイルでは最新の情報をお知らせいたします。

入院中の口腔の管理について

食べられない時こそ口腔の管理が大切です!

頭の病気の方、は体力が落ち様々な合併症や病気のリスクが高まるため、口腔ケアを行い細菌の数を減らすことが感染や合併症の予防になります。また、食べたり話したりする事が減ることで口腔機能が低下し、虫歯や歯周病の進行が急速にすすむ可能性もあるため、進行防止にもなります。医師、歯科医師、看護師、言語聴覚士(ST)、歯科衛生士、管理栄養士等チーム医療でより良い口腔内の環境を整え、口から食べる楽しみを維持するだけではなく、口腔疾患の予防・誤嚥性肺炎の発症を減少させ、健康な生活を送っていただけるよう専門的な口腔ケアを提供していきます。

歯科衛生士による専門的なケア

入院時に口腔ケアが必要と思われる患者を対象に口腔内をチェックさせて頂き、汚れがひどい方や手術前や手術後など必要に応じて、歯科衛生士による専門的なケアを行います。

負担金・ケア物品について

口腔ケア・歯科治療は健康保険適用です。負担金額は患者の状態により異なりますので、詳細は会計1番窓口までお問合せください。尚、入院医療費とは別請求になりますので、予めご了承ください。また、ケア物品は患者負担となり、保湿剤などの物品購入をお願いする場合もあります。

Copyright © HIGASHIYOKOHAMA. All Rights Reserved.