ドクターズファイル

ドクターズファイルでは最新の情報をお知らせいたします。

未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤とは?

脳内の血管(特に血管分岐部)の一部が膨らんで瘤状になったものを脳動脈瘤といいます。

破れていない(出血していない)ものを未破裂の脳動脈瘤と呼び、最近では脳ドックなどのMRA検査で偶然に見つかることが多くなりました。

偶然見つかる脳動脈瘤は、ほとんど小さなものであり、それだけでは何ら症状は生じません。

しかし、一旦破裂するとくも膜下出血を来しますが、脳動脈瘤がすべてくも膜下出血を生じる訳ではありません。

未破裂脳動脈瘤は破れるのか?

未破裂脳動脈瘤が破裂する危険性は、年間0.05%から数%までさまざまな報告がありますが、正確な数値はわかっていません。すなわち出血を生じる危険性は、動脈瘤の部位、大きさ、形などによって異なりますが、おおよそ年間約0.7-1%程度と考えられています。

一般的には、5mm以下の小さいものや、頭蓋底部(海綿静脈洞内)のものは破裂する危険性は低いとされます。一方、大きなものや形が不整なものは破裂する危険性が高いと考えられます。

未破裂脳動脈瘤は治療が必要なのか?

未破裂脳動脈瘤は、特に小さなものでは破裂する危険性は低く、このまま治療しないで放置しても、一生破裂しない可能性も十分あります。そこで出血を予防する治療(手術)を受けるかどうかは慎重に考える必要があります。それは手術そのものにある程度の危険性があるためです。

現在全く無症状の方でも、手術を受けることによって何らかの後遺症が生じてしまう危険性があるのです。

未破裂脳動脈瘤の治療方法は?

脳動脈瘤の破裂を予防する治療は外科的手術(開頭による脳動脈瘤ネッククリッピング術)と脳血管内治療(脳動脈瘤塞栓術)があります。従来からの標準的な治療法は開頭術ですが、最近では頭を切らない手術である脳動脈瘤塞栓術も行われるようになってきました。

どちらの方法がよいかは、患者さんの年齢・状態・合併する疾患や、脳動脈瘤の大きさ・部位・形等によって異なります。

◎3つの治療方針

  経過観察 開頭クリッピング術 コイル塞栓術
破裂のリスク △ (変わらない) ◎ (最も確実に減らす) ○ (減らす)
治療の侵襲性 ◎ (なし) × (高い) △ (低い)
治療のリスク ◎ (なし) △ (ある) △ (ある)
主な治療対象 高齢の方、小さい動脈瘤 大きい動脈瘤、中大脳動脈瘤、血栓化動脈瘤 等 脳底動脈瘤、傍鞍部内頸動脈瘤、椎骨動脈瘤 等
将来の心配・不安 △ (続く) ◎ (最も少ない) ○ (再治療が必要なときもある)
Copyright © HIGASHIYOKOHAMA. All Rights Reserved.