ドクターズファイル

ドクターズファイルでは最新の情報をお知らせいたします。

くも膜下出血 症例①

症例

71才 女性

経過

突然の頭痛で発症し、当院へ救急搬送。来院時、意識は傾眠状態で、明らかな麻痺はなし。
頭部CT検査上、くも膜下出血あり。
3D-CTA(脳血管)検査で、多発性脳動脈瘤が判明。
治療経過:入院後緊急で脳動脈瘤クリッピング術を行った。

画像検査

手術後の経過

手術翌日、意識ほぼ清明で、四肢マヒなし。
脳血管れん縮期に、意識レベル低下が一時的にあったが、発症2週以降は、意識清明で安定。
現在は、通常の生活が可能な状態まで回復。

Copyright © HIGASHIYOKOHAMA. All Rights Reserved.